証拠が無くてはウヤムヤにされる

妻の浮気が疑われて、自分としては確信があるとしても、誰の目にも明らかな証拠がない場合には、妻を問い詰めるのではなく、しっかりとした証拠を集めることに専念することが重要です。焦って行動すると、問題がさらに複雑になったり、浮気自体の証明ができなくなってしまったりすることがあるからです。

というのも、多くの場合、妻の浮気を確信してそのことを問い詰めても、妻はそれを否定したり言い訳をしたりして、問題をうやむやにしようとするものだからです。

単に、外出が増えたりメールでのやりとりが増えたりしている、他の人から妻が他の男と歩いているのを見たという報告を受けたというだけでは、いくらでも言い訳がきくものですので、言い逃れをされて終わってしまうか、下手をすると逆ギレされてしまいます。

そして、実際に浮気をしているとしても、警戒するようになり、浮気相手との密会をより分かりづらい方法でするようになってしまいます。

また、スマホなどに持っていた証拠を抹消してしまうこともあります。その後の妻の浮気調査が難しくなりますので、確固とした証拠が発覚するまでは焦らずに待つ方が良いのです。

しっかりとした証拠を握ることの重要性

妻の浮気を確信してそのことを問い詰めても、ほとんどの場合、何らかの言い訳をするものです。しかし、確かな目に見える証拠があれば、確実にそのことが判明しますので、妻は何も言えなくなり浮気を認めざるを得ません。

こうしたはっきりとした証拠としては、浮気相手とホテルに入っている様子や、旅行へ行っている状況などの写真を撮るのが有効です。

状況証拠ではなく、直接的な証拠を得ることが重要なのです。そして、できるだけこの証拠は、一つだけでなく、複数のシチュエーションで撮る方が良いでしょう。そうすることで、その浮気相手との関係が薄いものではなく、深い付き合いになっているということを証明できるからです。

こうした証拠は、夫が浮気について疑っていないという時期に取る方が楽になります。

妻も発覚していないと安心していますので、警戒することなく浮気相手と会います。そのため、調査をするのが楽で、比較的早く確かな証拠を挙げられるのです。明確な証拠は、浮気を妻に認めさせるだけでなく、裁判をする際にも重要な資料となりますので、怒りに流されて焦って行動することなく、じっくりと証拠集めを優先することを心がけましょう。