子供の養育権は母親に有利という原則

離婚に至った原因は妻の浮気にあるので、子どもの養育権は当然父親に行くべきだと考える人は多くいます。しかし、離婚の原因と子どもの養育権に関しては分けて考えられることが多いので、現実にはそうはいきません。むしろ、子どもの養育権をどちらがとるかという問題については、母親に有利になるという原則があります。

というのも、子どもの養育権は、常に子どもの福祉を最優先して考えられるからです。特に、乳幼児や年齢の低い子どもについては、母親による世話の方が必要だという考え方が一般的であるため、どうしても母親の方が有利となってしまいます。

また、15歳以上など、ある程度年齢がいっている子どもの場合は、子どもの意志が尊重されるという原則がありますので、こればかりは親がなんと言おうと子どもの意見に基づいて決定が下されることになります。

また、原則として兄弟姉妹を引き離すのは教育上良くないという考えから、片方の親にすべての子どもの養育権がいくことが多くなります。

こうしたことから、子どもの養育権が欲しいのであれば、母親には子どもをしっかりと育てられないということと、自分が父親としてしっかりと子どもを育てられるということを証明することが必要になります。

たとえば、子どもが妻の浮気相手と住むことになるので、精神的な影響が大きいということを主張したり、現在別居して子供の面倒を見ているのは自分だということを証明したりすることができます。

また、自分には経済的な力があることに加えて、子どもを引き取るのであれば、祖母が日中の面倒を見ることにするなどのプラス材料を説明することができます。

子供の面会権もしっかりと定めておく

小さい子供については母親が親権を取ることが多いので、父親としては、できるだけしっかりとした面会権を手に入れるようにしなければなりません。

どのくらいの頻度で会うのか、離れて生活する場合は、何日間一緒にいられるのかなどを明確にしておく必要があります。ここで妥協してしまうと、子どもに会う機会がかなり減ってしまって後悔することになります。子どもとの面会権についてはかなり幅がありますので、できるだけ多めに面会できるような条件に設定しておきましょう。

親権を母親が取った場合には、面会権の分野では融通を利かせてくれることが多いので、こちら側の条件を確実にのんでもらえるように強気でいきましょう。