慰謝料請求に必要なのは証拠!

離婚届

妻の浮気が原因で離婚することになったら、その責任は妻とその浮気相手にありますので、当然の権利として慰謝料を双方に請求することができます。

しかし、そのためには、着実に事を進めていかないと、思うように慰謝料を受け取ることができないこともありますので、注意が必要です。ポイントとなるのは、妻の浮気が確かなものであるということをはっきりと示して、認めさせること、そして、離婚の原因はすべて妻にあるということをはっきりとさせることです。

そのためには、感情に任せて焦って行動するのではなく、落ち着いて冷静に必要なプロセスを踏むことです。第一に、妻の浮気の証拠を確実に手に入れるようにしましょう。

浮気の現場を押さえる必要があり、メールやLINEでのやり取りなどの間接的な証拠は、相手に付け入るスキを与えてしまいますので不十分です。ホテルに二人で出入りしている様子を写真に収めるなどの、誰が見ても浮気をしているということが分かる証拠が必要です。

確かな証拠を使って交渉を進める

十分な証拠が手に入ったら、それを使って慰謝料を請求するための交渉を進めていくことになります。妻と間男に上手に慰謝料を請求するためには、こちらがいかに大きな心痛を味わったかということを示す必要があります。

証拠をしっかりと示して、相手に言い訳をする余地を与えないことです。また、話し合いの中で言ってくるであろう言い訳を想定して、その対応を準備しておくことも重要です。相手の言い訳・主張をICレコーダで録音しておくと良いです。

こちらには責任がないということ、妻の浮気によって大きな損害を被ったということを強調して、慰謝料を支払うのが当然だという理解を得させるのです。

証拠を集めるには探偵

確かな証拠を得るために、自分で妻を尾行して写真を撮ることもできますが、顔を知られている上、素人ですので成功する可能性は低いでしょう。そこで、探偵に依頼するのがベストです。専用の機材と経験に基づいたテクニックで、確実な証拠を押さえることができます。

交渉は弁護士に

交渉をする際には、弁護士を頼る方が良いでしょう。感情を交えず条件の交渉ができますし、相手も弁護士がいると思うだけで心理的に弱気になりますので、交渉を有利に進めることができるようになります。

まとまった額の慰謝料を妻と間男から取れますので、探偵・弁護士費用を払ったとしても十分お釣りがくるでしょうから、プロの力を頼った方が断然効率的と言えるでしょう。

浮気が原因での慰謝料請求、離婚せずに間男だけに請求したい

妻から慰謝料を取るのは離婚前提

妻の浮気が発覚した場合には、慰謝料を請求することができますし、実際に裁判になったケースも多くあり、多くの場合で慰謝料の支払いが認められています。

というのも、夫婦関係という契約状態にいる中で、不貞という不法行為を働いたわけですから、心理的な損害を被った夫側は当然慰謝料を請求できるのです。

もちろん、そのためには、和解でも裁判でも、妻の浮気が確実なもので、その原因は妻にあるということをはっきりと示さなくてはなりません。それで、事前に探偵に調査を依頼するなどして、しっかりとした証拠を積み上げる必要があるのです。

慰謝料の額については、問題がこじれることも多く、二人の話し合いで和解とならないケースもあります。その場合は裁判となりますが、弁護士にかかる費用なども考えると、実際には大きな金額とならないのが現実です。

もちろん、妻だけでなく間男にも慰謝料を請求することができますので、双方から慰謝料の支払いを受けることができます。

離婚しなくても間男から慰謝料をもらえる?

妻の浮気の原因は妻だけでなく、間男にも存在します。そのため、慰謝料の請求先は妻だけでなく、浮気相手にも及びます。

妻とは離婚しない(つまり再構築する)場合でも勿論、間男に慰謝料を請求する事は可能です。むしろ今後妻と間男を会わせない、連絡を取れないように縛るためにも請求はすべきですし、書面にて二度と会わない約束をさせる事が重要です。

裁判で慰謝料を請求する前に、間男のところに行って、毅然とした態度で浮気の責任を取ってもらうということを伝えて、慰謝料の支払いを認めさせるように弁護士に入ってもらうのが良いです。

その際には、裁判と同じように、明白な証拠となる写真を持参して提示するなどして、相手に有無を言わせない準備をして行くようにしましょう。

その上で、どれだけの心理的また物理的な損害を被ったかを話して聞かせると良いでしょう。最低でも、探偵の調査費用などの支払いを認めさせるようにすることができます。

相手が公務員や会社の要職の場合等は一般よりも高額な慰謝料をもらう事もあります。