別居状態にある場合離婚したいのであれば

離婚届
妻の浮気が原因で、別居状態にある場合、当然ある程度の期間が経てば離婚するかどうかということを考えなければなりません。

一口に別居状態にあると言っても、いろいろなパターンがあり、それによって離婚のしやすさが変わってきます。たとえば、完全に別居しているケースで、妻も自分で家を借りるなどして住んでいる場合は、離婚を持ち出してもすんなりとその問題が片付きます。

一方で、同じ家に住んでいるものの、全く口もきかずに毎日を過ごしている家庭内別居というケースもあります。この場合は、妻が離婚を拒否した場合、問題がこじれることもあります。裁判でも「まだ共に生活してるのはやり直す気があるからでは?」と言われるのがオチです。

しかし、長い期間その状態が続いていれば、事実上夫婦関係が破たんしているとみなされて、裁判でも離婚が認められることも多くあります。いかに、夫婦としての関係が終わっていることを客観的に示す材料があるかが、離婚できるかどうかの分かれ道となります。

別居していても離婚したくないのであれば

妻の浮気によって別居していても、離婚という段階には進みたくないということもあるでしょう。

世間体や子どものことを考えると、離婚することはできないということもありますし、再びよりを戻したいというケースもあります。

その場合は、一度真剣に妻と話し合いをすることが重要です。こちらの希望を最初に伝えて戻ってきてほしいというと、妻に足元を見られてしまうこともありますので、まず妻の考えを聞いたり、浮気のことを再び持ち出したりして、ある程度こちらに分があるということを分からせてから話を進めることが肝心です。

別居していても子どもがいると問題がこじれることも

別居している状態で子どもがいるとなると、単に離婚するしないだけでは事を片付けることができず、問題がこじれることもあります。

妻と夫のどちらの家に子どもが住んでいるかによっても異なりますが、離婚をするかどうか、親権をどちらが持つかどうかというのをはっきりさせましょう。別居してる場合は子供を育てている方に有利になります。夫でも。

この場合では、特に親権についての双方の主張が分かれてしまうことが多いのですし、面会権や養育費の負担など決めるべきことも多いので、できるだけ弁護士を挟んで話し合うのがベストでしょう。

そうすることで、冷静に話し合うべきポイントを押さえていくことができますし、条件の交渉も楽になります。結果的に子どもの心痛を和らげることにもなりますので、できるだけ問題をこじらせない方法で解決しましょう。